【コスパ比較】楽天でんき vs 自然でんき | 料金・メリットどっちがお得?

お金の小ネタ

突然ですが…「電力自由化」(※)の恩恵って受けていますか?

「まだ…」「なにそれ?」という方は、これまでよりも月々の電気料金が安くなる可能性があるので、是非読み進めてみてください。

4人家族の一般家庭で、年間1〜2万円くらい安くなる可能性があります。

 

※電力自由化とは?
これまで、「電気の利用契約」は地域ごとに定められた電力会社(東京電力など)としか結ぶことができませんでした。

しかし、2016年4月の「電力自由化」以降は、様々な電力会社から各自が自由に選んで契約できるようなっています。

料金プランは各社それぞれに特徴があるため、お住まいの地域や使い方に応じて選ぶことで、これまでより電気料金を下げられる可能性があります。

 

この記事では、電力自由化によって新たに契約できるようになった大手の2サービスをピックアップ。

料金をはじめ特別なメリットの有無など、どちらのコスパが良いか?といった観点で比較・検証します。

  • 楽天でんき by 楽天エナジー 
    • 電気を使うほど楽天ポイントが貯まるのが特徴
    • 電気料金は使った分け支払う従量課金制
  • 自然でんき by ソフトバンク
    • 環境にやさしい再生可能エネルギーを供給
    • 電気料金は使った分け支払う従量課金制
両サービスとも、料金は「使った分だけ支払う」というシンプルな料金体系を採用しています。

この料金体系は、(東京電力のように)使えば使うほど単価が上がるといった形に比べると、たくさん電気を使う家庭にとってはとてもお得です。

 

それでは、どちらのコスパが良いのか具体的に比較していきます!

 

 

スポンサーリンク

基本料金の比較

楽天でんき

完全従量制の料金体系であるため、基本料金は0円。
例えば1ヶ月間家を留守にして全く電気を使わなければ、もちろん請求は0円となります。

 

自然でんき

こちらも0円!

 

基本料金についての差はありません。
やはり料金は「使った分だけ支払う」といった形がわかりやすくて良いですね。

「基本料金」については両社ともコスパ最高です!

 

 

使用量に応じた従量料金の比較

お住まいのエリアによって従量料金は異なるため、エリア別に1kwhあたりの単価を比較して、安いほうに色付けしてみました。

 楽天でんき自然でんき
北海道電力エリア30.00円/kwh31.57円/kwh
東北電力エリア26.50円/kwh27.50円/kwh
東京電力エリア26.50円/kwh26.48円/kwh
中部電力エリア26.50円/kwh27.50円/kwh
北陸電力エリア26.50円/kwh提供なし
関西電力エリア22.50円/kwh23.42円/kwh
中国電力エリア24.50円/kwh25.46円/kwh
四国電力エリア24.50円/kwh25.46円/kwh
九州電力エリア23.50円/kwh24.44円/kwh
沖縄電力エリア27.00円/kwh提供なし
※料金は税込みの価格(2019年10月現在)です。

 

これはもう圧倒的ですね!

東京電力エリアのみ、僅差で自然でんきのほうが安い(0.02円差)ものの、他のエリアにおいては全て楽天でんきが1円くらいずつ安くなっています。

東京電力エリアでこそ自然でんきに軍配はあがったものの、その差はわずか(0.02円/1kwh)。

それ以外のエリアでは楽天でんきが圧倒的なコスパを誇るため、総じて「楽天でんき」のほうがコスパ良しと考えます。

 

2019年1月、私自身も自然でんき(ソフトバンク)から楽天でんきへ乗り換えました!

【楽天でんき】公式サイト »

 

 

お得なキャンペーン・特別なメリットの比較

続いて、契約時に適用されるキャンペーンや具体的なメリットを比較してみましょう。

適用されるキャンペーン等は、お申込みのタイミングによって内容が変わっている可能性があります。
お申込みの前に必ずご自身で確認してください。

 

楽天でんき

「楽天でんき」には電気を使うだけで、とにかく楽天ポイントが貯まるという大きなメリットがあります。

  • +2,000ポイント 申し込みで楽天ポイントが2,000ポイントGET。
  • +1ポイント(200円毎) 電気料金200円につき楽天ポイントが1ポイントGET。
  • +1ポイント(100円毎) 楽天カードで電気料金を支払うと100円につき楽天ポイントが1ポイントGET。
  • +還元率0.5%UP 楽天市場での買い物時に付与される楽天ポイントの還元率が0.5%UP。

 

実際、楽天でんきに申し込んでからの1年間で貰える楽天ポイントを計算してみました。

【電気料金が毎月1万円の場合】
3,800ポイント/年 = 2,000ポイント + (50ポイント × 12ヶ月) + (100ポイント × 12ヶ月)

【電気料金が毎月2万円の場合】
5,600ポイント/年 = 2,000ポイント + (100ポイント × 12ヶ月) + (200ポイント × 12ヶ月)

普通にかなり貯まります!
現金同様に扱えるポイントなので、下手に資産運用とかするより儲かってしまいそうなのがスゴイ…

 

自然でんき

自然でんきには、24時間365日、以下のような家のトラブルに対応してくれる「おうちレスキュー」を無料で利用できる特典が付いてきます。

  • 水のトラブル
  • カギのトラブル
  • ガラスのトラブル
自然でんきでは、契約中のソフトバンク・ワイモバイル携帯の料金が割引される「おうち割でんきセット」の対象にはなりません。

 

個人的には、換金性の高い楽天ポイントが貰えることから楽天でんきの特典に大きなメリットを感じます。

おうちレスキューも便利ですが、上記のようなトラブルはそれほど頻繁に発生するものでも無いため、正直利用する機会がなさそう…

今回はあくまでコスパの比較であるため、私的には換金性が高く、利用機会も多い特典が付く「楽天でんき」をコスパ良しと判断します。

 

2019年1月、私自身も自然でんき(ソフトバンク)から楽天でんきへ乗り換えました!

【楽天でんき】公式サイト »

 

 

まとめ

ここまでの比較の結果をまとめます。

  • 基本料金はともに0円
  • 従量料金が総じて安いのは「楽天でんき」
  • 特典がお得なのは、換金性の高い楽天ポイントが貯まる「楽天でんき」

 

結果、コスパという観点では「楽天でんき」のほうが優れていると言えるようです。

また、今なら申込みで【2,000ポイント】&月々の支払いでもポイントが付与されるので、特に楽天ポイントを貯めているという方にはベストな選択になりえるかと思います。

各社公式サイトにて、電気の使用状況をもとに料金のシミュレーションが行えるので、実際どれくらい電気料金が安くなるのか確認してみてください。

「楽天でんき」お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン

 

2019年1月、私自身も自然でんき(ソフトバンク)から楽天でんきへ乗り換えました!

【楽天でんき】公式サイト »